配食サービス

ボランティアによる手作り弁当をお届けします

 南部町社会福祉協議会では、ひとり暮らし高齢者などの安否確認と地域の方々とのふれあいを目的に配食サービスを行っています。
 お弁当を希望される方に、調理ボランティアのみなさんが高齢者の方が食べやすいよう工夫したお弁当を作り、地域の配達ボランティアの方々が「お元気ですか?」と声をかけ、安否確認を行いながら届けてくださっています。
 地域の支え合いによるお弁当をお届けすることで、ひとり暮らし高齢者等の生活支援の一助ともなり、利用者とボランティア、またはボランティア同士の交流を深めることにもつながっています。

配食サービスの目的

会見★おおむね65歳以上のひとり暮らしの高齢者・高齢者世帯・日中ひとりの高齢者・障がい者の方を対象にバランスのとれた食事を提供する。

★高齢者の方への声かけや安否確認を行い、地域の人との関係を深める。

★ボランティアに参加し、地域との交流を深める。

こんな日常のお困りごとの解決に配食サービスは役に立つかもしれません。

配食イラスト

Q1 利用したいときはどうしたらいいですか?
A まずは社協にご連絡ください。集落の地域福祉委員、民生児童委員、また気軽に話せる近所の方やケアマネージャー、保健師等、どなたでもかまいませんのでご相談してみて下さい。社協に連絡が入ればこちらから訪問させていただきます。
Q2 いつ利用できますか?
A 西伯地区は火曜日・土曜日の昼食を300円で、会見地区は火曜日の夕食を200円でお届けします。
Q3 どんな方がボランティアに参加されていますか?
A 退職されて時間に余裕のできた方や、子どもが独立し自分の時間が持てるようになった方、調理が好きな方など、30歳代~80歳代位まで幅広い年代の男女が活躍されています。更には毎週火曜日は祥福園の方が、第1・3・5土曜日は南部町職労の方が配達ボランティアに参加されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

調理ボランティア・配達ボランティア募集中!!

 料理の好きな方、何かボランティアをしたい方、地域の為に何か役に立てたらと思っている方など、ほんの少しで良いので力を貸していただけませんか?まずはお気軽に社会福祉協議会に声をかけてみて下さい。

詳しくは社会福祉協議会(本所:0859-66-2900 会見支所:0859-64-3515)までお問い合わせ下さい。