地域福祉ネットワーク活動

ひとり暮らし高齢者の見守り活動を行う愛の輪協力員を設置し、集落の福祉活動のリーダー役を担う地域福祉委員や民生児童委員と連携を深め、在宅生活支援に取り組んでいます。

地域福祉委員とは

〇集落での福祉活動を推進するリーダー役

・福祉問題の早期発見
  日頃からの目配りや情報収集をする。

・関係者、専門機関と情報を共有し、連携する
  福祉問題を解決するために、福祉活動に関わる人達(社協・民生児童委員・区
  長・近隣住民など)と連携して解決につなげる。

・実際に支援活動、ボランティア活動に参加する。

・知り得た情報は、関係者以外には秘密にしましょう。

・研修会、福祉ネットワークづくりに参加する。

〇社協の地域福祉活動の協力者として

・80歳以上のひとり暮らしの方に懐中電灯を配布、点灯の確認と見守り

・いきいきサロンの活動支援

・初盆世帯への供養のお届け

地域福祉委員設置要綱